FC2ブログ

情報ツール

先日、社内の朝礼の中で、学ぶ意欲・姿勢があればどのようなツールからでも情報は収集できる。という話題があり、「自分は、幼い頃漫画から多くのことを知った。」と漫画をよむ姿が全く想像できないスタッフが発言し驚きました。

数日後、自宅で夕食時に次女(13歳)がテレビを見ながらおかずに手を伸ばし、テーブルのコップを倒してお茶をこぼしました。それを笑ってみていた長女(15歳)がお箸で自分のコップを倒しお茶をこぼしてしまいました。と次の瞬間、5歳の三女が「サルの尻笑いやな」と言ってにっこり笑ったのです。

どこでそんな言葉を覚えてきたのか、思い当たる節は一つ…ユーチューブです。動画が見たくて仕方のない娘は、保育所から帰るとすぐにお弁当箱を出し、タオルを洗濯機に放り込み「ママ、ユーチューブ見ていい?」と聞いてきます。あまり見せたくないのですが、少しなら。と時間を決めてみています。

マンガ・テレビ・ゲーム・動画=教育に良くない。と決めつけてしまっている私ですが、情報が溢れかえる時代、いかに有益な情報を与えるか。考えさせられる出来事でした。 (M)

住まいに関すること お気軽にご相談ください。
   
株式会社 テラカド


スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード